新着情報News

ルイのその他をお届けします!

セールやイベント情報をいち早くおしらせします。

2020/02/12

中国近況報告

2020.2.12 中国現況報告
(有)ルイ  吉川 信貴

・2月12日現在、福建省内の罹患者数は全人口3856万人に対し267人、10日間で108人増。
厦門市では人口411万人に対し31人で10日間で13人増。重篤者及び死亡者の報告は無し。
・厦門市においても10日より一般企業の始業が予定されていたが、ほとんどの企業が部門ごとに毎日一人づつ出社する輪番出社となっている。
会議はほぼ全てネット会議で行われており、在宅で出来る仕事は在宅ワークにシフトさせている。また、出社の始まった企業においても社員間の接触を極力少なくさせる対策を取っている。
・学校機関の再開もまだ目処が立っておらず、こちらもネット授業を開始する学校の話等もちらほら出ている。
・バスや地下鉄等の公共交通機関は本数は少ないながらも再開した。ただ、乗客はまばら。
・新幹線は一部の影響の大きい地域以外への便を除き運行している。
・国際航空便は渡航先の対応に応じて路線が無くなったり便数が減少したりしている。
・国内便の状況は新幹線とほぼ同様で一部地域行き以外の便は運航している。
・厦門市民の間では外出しない生活が習慣化し始めており、市職員によって外省人の存在の有無が監視され、各マンション区への出入りに際しては体温検査や登録証の提示を義務付けられている。
・早期に武漢から来た旅行客の隔離終了や罹患者数の増加の鈍化等のニュースがあるものの様々な情報が錯綜しており、市民の感情はなお日々不安を増している。
・石材工場に関しては、12日現在生産再開出来た工場は一社もないとの事。
・理由としては、政府に対する工場側の安全証明の手続きが遅れている事に加え、出稼ぎ工員の移動制限による帰宅遅れと、帰宅出来た工員の安全確認の為の隔離の強制等があげられる。
・各地区ごとの状況としては、康美地区は比較的順調に手続きが進行しており、さらに地元在住の工員も多いので比較的早めに再開できそうとの事。その他石井地区や崇武地区に関しては、もう少し遅くなる見込み。
・厦門港に関しては現状積荷は少ないものの正常に機能しており、今後の通関業務の際も追加の検査や消毒作業も無いとの事。

2020/02/04

中国近況報告

中国国内における「今回のウイルス」の対応に関する所感

・2月3日現在、福建省人口3856万人に対し罹患確認者159人、厦門市人口411万人に対し確認者18人。
・今回のウイルスは確認キットがまだ生産されておらず、全て手作業による確認が行われている。日本のメディアでは日々罹患者数が増加している様に見受けられるが、それは上記の理由による検査待ちが発生しているせいで、「日々実際の罹患者数が増加しているわけではない。」ので、中国のサイトでは罹患確認者と罹患被疑者(確認待ち)を分けて記載している。ちなみに罹患確認者に17238人、加えて罹患被疑者は21558人(2月3日現在)。
・現在中国では、「宅」極力外出を控える、「戴」マスク着用の徹底、「洗」手洗いの徹底、のスローガンを掲げて対応にあたっている。テレビでも四六時中流れていた。
・罹患者数の少ない厦門に於いても、公共交通機関の運休や映画館や運動場など人の集まる施設の休場が実施されている。さらに旧正月に人出が予想される寺院も殆どが閉鎖となっていた。
・例年旧正月は人の少ない厦門だが、今年は特に出歩く人もまばらで道路も殆ど車が走っておらず、まるでゴーストタウンの様だった。
・当時武漢からの旅行客の多かった観光地コロンスに於いては、島全体を隔離し旅行客をそのまま封じ込める対策を取ったらしい。
・一般人は厦門市内でも現状極力外出訪問を控えていて、外出時に於いてはマスクの着用がほぼ徹底されている。
・一般企業は2月8日まで春節休みが延長され、学校も現状休校が続いており開学時期は未定。
・SARSの時に見られた紅酢を買い漁るといったデマ騒ぎは今回起こっておらず、今の所市民の対応はとでも冷静に見える。ただ、マスク(n95対応)と消毒液は何処も売り切れ状態。スマホやSNSの普及が情報伝達に好影響を与えている様に感じた。
・武漢の人に対する警戒はかなりの物で、あるサイトを調べると何時の新幹線や飛行機に武漢の人間が搭乗していたかを調べる事ができる。
・各地区工場の状況だが、康美地区・崇武地区では9日頃より再開予定、石井地区はもう少し遅くなるかも知れないとの事。ただ、湖北省以外の省に於いても移動が制限されている関係上出稼ぎ工員の復帰時期がまだ読めないので、今後の状況によってはもう少しずれ込む事も予想される。

2020/01/09

TANE、新年の挨拶と忠霊塔の建立に立ち会う

TANEです。
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします!
昨年は厄年のためか一年間に3度も交通事故を起こしました。
一昨年の暮れから換算すると4回にもなります。
年間6万キロの走行生活を始め、これまでは15年間に3度の事故で済んでおりましたが、一年間だけで4回と濃厚な接触ライフになってしまいました。
自分自身の不注意や不幸な偶然などあり、改めて運転とは恐ろしいと感じています。
どの事故も不幸中の幸い、怪我人ゼロという奇跡でありましたが、ご迷惑をかけた皆様には深くお詫び申し上げます。
年と共に判断力や反射神経などの衰えがあることも考慮して、安全運転を心がけたいと思います。
また、運転時の携帯の使用罰則が厳しくなりました。
一日の大半が走行中ですので電話に出られないことが多々あるかと思います。
お急ぎの所ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いいたします。
さて、昨年はどんな仕事をしたかと振り返ってみると、1件なかなか携われない仕事に出会っていましたのでご紹介させていただきます。
近年人口が2,000人を切り高齢化率日本一といわれ、消滅危惧村として有名な群馬県南牧村。石材業界では椚石の産地として有名なこの村の石材店、
石工園様が忠霊塔を建立しました。
若手ながら丁寧で真面目な仕事をする石材店さんで、南牧村から三箇所に点在していた忠霊塔を、この新しい忠霊塔にまとめるというプロジェクトを依頼され、設計から約1年半をかけ見事完成に至りました。

こんな立派な式典をするような仕事に携わったのは初めてでした。
石工園様はオリジナルデザインのお墓にも長けていますので、今度取材させていただこうかと思います。

2020/01/06

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。

本年も大変厳しい一年が予想されますが、
一致団結してこれを乗り越える所存です。
宜しくお願い申し上げます。

有限会社 ルイ

2018/12/28

年末のご挨拶

いつも大変お世話になっております。
有限会社ルイのブログ担当スタッフです。

本年も残すことあとわずかとなりました。
皆様よりのご愛顧に支えられた一年でございました。
この場をおかりいたしまして、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら、弊社の年末年始の営業は、下記のとおりと致します。
皆様にはご不便、ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご容赦賜りたく存じます。

年内営業   令和元年12月28日まで
年始営業   令和2年1月6日より

2019/12/27

石材産業協会主催稲田石採石場見学 その2

日本国内に数少ないガングソー。写真ではよくわからないので、
https://www.youtube.com/watch?v=pOZodd4-q-0
こちらの「石産協銘石アドバイザー講座⑦ガングソー切削初動」を参照ください。

2019/12/27

石材産業協会主催稲田石採石場見学 その1

TANEです。
先日石材産業協会主催稲田石採石場見学ということで友常石材㈱様の丁場と工場にお邪魔させていただきました。
石割体験や鉄の粉にて原石をスライスするガングソーなど有意義な見学会でした。

2019/11/27

事務のニタナイです

今年の4月に入社して、6ヶ月になりました。
ちんぷんかんぷんの毎日で、一日があっっっという間に過ぎていきます
ボッチが多いので寂しいですが、みんなが気持ちよく仕事ができる雰囲気づくりをしていきたいです。
笑顔で対応する様、日々精進
宜しくお願い致します。」

pagetop